コメント

これまで、ちば映画祭で上映した作品の監督や俳優の方などからいただいたコメントをご紹介します。
鶴岡慧子
つるおか けいこ
「ちば映画祭は軽やかに騒々しくて、繊細なのになぜか堂々としていて、まるで全然大人になろうとしてない、子どものまんまのひとを見ているよう。そのままでいてね」
映画監督。立教大学の卒業制作である『くじらのまち』(2012)で、PFFアワード2012のグランプリ&ジェムストーン賞を受賞。東京芸術大学大学院修了後、PFFスカラシップを獲得し、『過ぐる日のやまねこ』(2015)で劇場デビュー。最新作は、西加奈子原作の映画化『まく子』(2019年3月15日公開)。
堀春菜
ほり はるな
「ちば映画祭の元気が好きです。ちば映画祭のおふざけが好きです。ちば映画祭が近づいて来たら、それは春の訪れです。ちば映画祭!!また会えて嬉しいな」
俳優。1997年生まれ。神奈川県出身。2014年に『ガンバレとかうるせぇ』に主演しデビューを果たす。2017年には『空(カラ)の味』『セブンティーン、北杜 夏』『過ぎて行け、延滞10代』といった主演映画が続けて公開される。2018年は、NHKBS「あったまるユートピア」をはじめ、日韓合作『大観覧車』や『万引き家族』に出演。
木村知貴
きむら ともき
「大好きなちば映画祭が記念すべき10回目を迎える。公募ではなく自ら上映に足を運び、映画を観て監督に自ら上映オファーを出すスタイル。一貫してその作品を、その監督を愛する姿勢に感服します。皆さん一人一人がちば映画祭です」
俳優。映画をメインに活動中。近年の主な出演作品は『犬猿』『息衝く』『枝葉のこと』『菊とギロチン』『カルチェ』『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』など。
神野真吾
じんの しんご
「ちば映画祭って本当にすばらしい雰囲気のフェスティバルだと思う」
千葉大学准教授(教育学部芸術学研究室) 横浜市生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修了、専門は芸術学(現代芸術論)。美術館学芸員を経て、2006年より現所属。美術による学びの実践と理論研究を通して、美術の社会的価値について研究。国立美術館の教育普及事業等に関する委員会委員、千葉市文化芸術振興会議委員長、千葉市教育振興財団理事なども務める。主な著作に『社会の芸術/芸術という社会』『美術教育ハンドブック』
志尾睦子
しお むつこ
「ちば映画祭さまお目覚めになられたのことホッといたしました。おはようございます。ご気分はすこぶる好調とお見受けしました。
そして第10回目の開催、誠におめでとうございます。高崎映画祭の日程とかぶるような気しかしませんが、同じ関東エリアの映画祭仲間としてこれからも仲良くしてください。
楽しいちば映画祭、大いに期待しています。
こちらも負けじと頑張ります」
高崎映画祭プロデューサー
甲斐博和
かい ひろかず
「都心から意外と近い、チバから巻き起こる映画タイフーンが再び!新旧入り混じったパワフルなセレクションにはいつもシビレます。個人的には脱力オシャレ系(?)グッズにも、所有欲をくすぐられちゃいます」
映画監督。1977年生まれ。筑波大学在学中から演劇を始め、2003年春より東京にて演劇を本格的に行う。演出家、脚本家、役者、と、幅広く活動。多数の劇団に役者として出演しながら、自分の劇団、TOCAを設立。10本の演劇作品の脚本、演出、出演を手がける。2006年、未経験から自主映画を製作開始。製作した映画全ての脚本監督を手がける。ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞、水戸短編映像祭グランプリ等、受賞多数。
村山 和也
むらやま かずや
「ちば映画祭復活おめでとうございます!映画のセレクトが毎回良いなぁと思ってましたので、選んでいただけて光栄でした。オリジナルのグッズを作って頂けたり、他にはない独特の映画祭で思い出深いです!」
映像ディレクター/映画監督 。1982年石川県生まれ。2002年ニューヨーク市立大学在学中に短編映画から映像制作を始める。2004年帰国後、CM制作会社を経て 2008年よりCM・MVを中心に映像ディレクターとして活動をスタート。 映画「堕ちる」 La Cabina 中編映画祭(スペイン)グランプリ、最優秀俳優賞、最優秀音楽賞 、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017 オフシアターコンペ部門 スペシャル・メンション、京都国際映画祭2017 クリエイターズ・ファクトリー部門 準グランプリ 、GINMAKU日本映画祭2018(スイス)招待上映、、KINOTAYO現代日本映画祭2017(フランス)招待上映、しんゆり映画祭2017 招待上映、ちば映画祭2017 招待上映
(順不同・敬称略)