上映作品

連続テレビドラマ『本気のしるし』

全10話/230分/日本
©星里もちる・小学館/メ~テレ
©星里もちる・小学館/メ~テレ
・監督:深田晃司
・脚本:三谷伸太朗
・原作:星里もちる「本気のしるし」(小学館ビッグコミックス刊)
・出演:森崎ウィン、土村芳、宇野祥平、石橋けい、福永朱梨、忍成修吾、北村有起哉
・製作:メ~テレ
・制作協力:マウンテンゲートプロダクション

メ~テレ作品公式サイト

https://www.nagoyatv.com/honki/

その女、出会ったことが事故だった―

あらすじ

どこか虚無感をかかえながら成り行きまかせの日常をこなしている会社員・辻一路は、人当りはいいものの実は何事にも冷めており、職場の先輩と後輩の二股を進行させているという “クズ男”。そんな辻がコンビニで出会った葉山浮世は、無意識のうちに男を破滅へ導く危険な女だった!追い込まれるとその場限りの嘘をつき、お金や人間関係、すべてに無責任な言動をとる浮世は、辻を含めた周囲の男性を巻き込みながら転落を繰り返す。

第1話予告編 (youtubeで見る)

監督プロフィール

深田晃司 ふかだ こうじ

1980年生まれ。99年映画美学校に入学。長・短編3本を自主制作。06年テンペラ画アニメーション『ざくろ屋敷』でパリ第3回KINOTAYO映画祭新人賞受賞。08年映画『東京人間喜劇』でローマ国際映画祭正式招待、大阪シネドライブ大賞受賞。10年『歓待』が東京国際映画祭日本映画「ある視点」作品賞、プチョン国際映画祭最優秀アジア映画賞受賞。13年『ほとりの朔子』でナント三大陸映画祭グランプリ&若い審査員賞をダブル受賞。15年『さようなら』でマドリッド国際映画祭ディアス・デ・シネ最優秀作品賞受賞、16年『淵に立つ』で第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査委員賞受賞。最新作『よこがお』はロカルノ国際映画祭コンペティション部門正式招待。著書に小説『淵に立つ』『海を駆ける』『さようなら』がある。特定非営利活動法人独立映画鍋共同代表。2020年連続ドラマとして製作した『本気のしるし』の劇場版が第73回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクションに選出。